風俗業界で働くという事

世の中にはありとあらゆるジャンルの仕事があります。
仕事ですから当然収入を得る手段ですよね。

あなたは女性ですから風俗店にお客で行くということは基本的にはできません。
よって、勤めてみるまでは風俗店で働くということがどんなことなのか分からない訳です。

そこでこのサイトでは風俗で働く(働きたい)女性すべての様々な問題の解決策を提供しようと考えております。

風俗で働くということは、努力によっては収入に限りはありません。

尚且つ、日銭商売ですのでそれこそ身体一つ何もない状態からでも収入を得ることができるのです。

ただし、風俗嬢は自営業者と同じで収入の保障は基本的にはないのです。

いわば、努力次第でいくらでも稼げるけど、努力を怠れば・・・生活は安定しないという実力社会なのです。

自分を試すにはもってこいの職場かもしれません。

風俗で働く女性は様々な理由で業界入りしています。

・多額の借金返済のため
・突然の出来事により大金を稼ぐ必要がある
・将来、自分の店・会社を持つための資金を稼ぐ
・世界旅行をする
・自分の家を買う

誰でも(採用・不採用は店が決める)簡単に業界に入ることが可能で、いくらでも稼ぐチャンスがある。

ちゃんと理解して飛び込めば決して危険な業界ではありません。(接客相手は一般男性)

あなたがもし若いのなら期間を決め目標額を貯めたら辞めるという考えもありでしょう。

この世に女性として生まれた特権の一つ・・・風俗嬢で稼ぎ大いに人生を謳歌しましょう。




風俗店の種類

あなたがこれから飛び込む風俗の世界には大別して2つのパターンが存在します。

ひとつは本番(SEX)あり、もう一つは本番なしです。

当然、本番ありの方が稼げるはずです。

本番なしの風俗はデリバリーヘルス(デリヘル)と呼ばれています。
本番ありならソープランドでしょう。

それぞれの月収は人により異なりますので、あえて書きませんが・・努力次第で目標額を達成できるでしょう。


勤務する風俗店の探し方

下記のリンクボタンを押し、お気に入りの地域・お店のオフィシャルサイトへ飛び、求人欄を参照。
条件があうようであれば、店に電話して面接日時を決める。持参するものを聞く(身分証が必要な場合も)        

お店により体験入店制度もありますので、実際仕事をしてみるのもいいでしょう。
(勿論、仕事で得たお金は当日持ち帰れます)

他の業種と異なりお客は基本的に風俗素人女性を大歓迎します。


・風俗情報
・風俗情報2
・風俗情報3
・風俗情報4


風俗就活専門用語

風俗店の採用欄には一般女性が聞いたことのない言葉が出てきます。その解説をいたします。

自由出勤:週1日から出勤可能の日だけ勤務できる出勤体系
昼間は会社勤務で就業後に夜間のみ風俗店勤務したい場合や、土日だけ出勤したいなど・・・
衛生管理万全:接客に使う衛生用具を店が用意
例えば、うがい薬、薬用ソープ、コンドームなどを店が用意している
個室待機:接客待ちの状態を待機というが、個人がそれぞれ他の女の子とは別の個室で待機する状態。
逆を集団待機という。
AF:アナルファック(肛門性交)
NS:ノースキン(生挿入)
即尺、即入れ:個室に入り、身体を洗わずにフェラチオし、挿入すること            

ライブチャットサービス